2020年10月

今、父島にもツバメがやってきています。
小さな体で大きな旅をする彼らのお話が聴けます!(以下、転送)

『小笠原諸島〜伊豆諸島 ツバメの渡り調査』について、
「NPOバードリサーチ のライブ配信!」でお話をすることになりましたので、ご連絡いたします。
直前のお知らせになってしまってすみません。

日時:10月23日(金)よる8時〜
下のリンクをクリックすればつながります
YouTube 
https://youtu.be/CgFmNdOSjM8
フェイスブック 
https://www.facebook.com/birdresearch
ツイッターhttps://twitter.com/BirdResearch/status/1318774783811543042

2018年の春にスタートして、今年で3年目です。

調査に参加してくださる皆様のおかげで、
貴重な観察記録が積み重なってきました。
まだまだわからないことばかりですが、
少しだけわかったこともあります。そのことを中心に、
調査を始めたきっかけなどについてお話しする予定です。
もしお時間がございましたらのぞいてみていただけたら幸いです。

ちょうどいま、ツバメたちが秋の渡りをしている頃ですね。
元気なツバメたちの話をしたいと思います!
内地は随分寒くなりました。
島の皆様もお気をつけてお過ごしください。
これからもよろしくお願いいたします。

2020.10.22  重原美智子

ツバメ調査のHP http://oga-izu-swallow.jp/
イラストのHP http://michiko-shigehara.art.coocan.jp/

それは静かに始まりました。
発症者はほとんどいない、変わりない陽射しと空気。
朝夕の防災無線に気を引き締めつつ、
子ども達の声が戻った暮らし。

コロナ予防シフトで開館中のビジターセンターから連絡が入りました。
「海岸に弱った海鳥がいるそうです」
「野生下なら、そのまま食物連鎖に戻してやってください、
 それを待ってるヤドカリやカニもいます」

しばらくして再度連絡あり「死んでしまったそうです」

後味悪く、現場を見に行くと・・・鳥はこの、緑のカゴの中!

しかも、こんな可愛い鳥だったら見捨てておけませんよね。

子ども達だったら「わーーーっ」となるのは目に見えてる。
よくぞ三密を避けてくれました!!

もし、次回があったら、すぐに駆けつけますね。

Special thanks:ちびっ子クラブstaffのYちゃん、皆さま
中継してくれたCさん

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6:00-20:00)
人と野生動物への感染リスクを下げるため、手を触れずにお電話ください。