2017年 7月

海の仲間展ポスターweb
2017年7月27日より小笠原ビジターセンターにおいて、特別展『小笠原の海の仲間たち〜Bonin Blueの生物多様性〜』を開催いたします。

小笠原の青い海には多様な海洋生物の生息場所、“ハビタット”があります。

サンゴ礁、岩礁・転石帯、砂地・泥場、潮間帯、河口域、ふだん意識することのない場所にも生物たちの暮らす世界が広がっています。
東京都は2013年から2017年の5年間、守るべき小笠原らしい海の姿を探るため、小笠原群島の海洋生物調査を進めてきました。
海底を埋め尽くすサボテンミドリイシの大群落、幻の魚ミミズハゼ、桃色のトンガリベニガイ、チョコがかかったようなエクレアナマコ、夜の砂地に突如姿を現したウミエラの大群…
調査に参加した研究者が見た小笠原の海の仲間たちをご紹介します。
2017年7月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

細かい所工事中

特定非営利活動法人(NPO法人) 小笠原自然文化研究所
〒100-2101
東京都小笠原村父島字西町
光子ハウス1号
Tel&Fax:04998-2-3779
e-mail:i-bo@ogasawara.or.jp