取水堰のオガサワラヌマエビ

小笠原は31年振りの大渇水です。
今日のダムの貯水率は40%ちょっと。
このままでは8月末から9月上旬に、ダムの水が無くなる恐れがあるそうです。
パッションフルーツの皮がしおれて出荷できないなど、すでに農業被害も出ています。

父島の沢の上流に、農業用水の小さな取水堰があります。
今月に入って、この取水堰に堆積した土砂を取り除く作業が行われました。
ところがこの取水堰周辺には、オガサワラヌマエビという固有の川エビが生息しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成長しても2cm程度にしかならない、小さ~いオガサワラヌマエビ。
しかし、世界の海洋島の川エビの中で、唯一の河川陸封型という珍しいエビなのです。
(子供が海に降らず、川の中だけで一生を過ごすタイプ)
珍しい生物につきものですが、絶滅危惧種でもあります。
取水堰の土砂を排除するには、一度水を抜かなければなりません。
そのまま水を抜けば、たくさんのエビが死んでしまいます。
同時に、種内の遺伝的多様性が減少し、生き残ったオガサワラヌマエビの絶滅確率が上がります。

アイボは、東京都と建設会社の担当の方々と相談しました。
そして、なるべく多くのエビが失われぬよう、作戦をたてました。
1.土砂を排除する水域の上流側に土囊で堰を設け、それより上を保存水域に。
2.工事前にできるだけ多くのエビを捕獲。
3.捕獲したエビを保存水域に移動。
4.一部のエビは、川岸に設置したコンテナで飼育し、リスクを分散する。
5.工事作業が終了したら、土囊堰を外し、4のエビを放流する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月5日の朝、作戦行動スタート。
東京都の担当の方、建設会社の方々、近隣農家のご夫妻、アイボの総勢12名。
皆さん童心にかえり、金魚ネットに集中します。
一時間ほどで、約1500匹ものオガサワラヌマエビを確保しました。
改めてこの水系のオガサワラヌマエビの豊富さに驚きます。
人が利用する優良な水源は、水生生物にとっても重要な水域なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、アイボが持ち込んだ面倒な緊急対応策に、関係者の方々は快く応えてくれました。
エビ捕りを手伝ってくださった農家のご夫妻も、この小さな生き物に対して優しい目を向けてくださいました。
今、島を襲っている干魃は農家にとっては死活問題となり、『生活vs自然』という図式になりかねない状況です。
小さなエビを気にかける余裕は、ふつうならば無いかもしれません。
この様な状況で、いかに人間生活と自然保護を両立できるのか、その技術が小笠原では求められています。
低コストに迅速に、保全策を打つ知恵と経験が必要です。
アイボでは、事前に計測したエビの生息密度が工事後ではどの位変化が生じたか、今後調査に入ります。
今回の取り組みはアイボにとって、重要なケーススタディーとなりました。

 

 

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

特定非営利活動法人(NPO法人) 小笠原自然文化研究所
〒100-2101
東京都小笠原村父島字西町
光子ハウス1号
Tel&Fax:04998-2-3779
e-mail:i-bo@ogasawara.or.jp