2022年

Picture

13日に父島三日月山で捕獲されたネコ「クレセント」が今日出港のおがさわら丸で東京に向かいました。このネコが東京都獣医師会に受け入れをお願いした1,000頭目となりました。長期にわたりご協力いただいた東京都獣医師会ならびに動物病院のスタッフの皆さま、小笠原ネコを新しい家族として迎え入れてくださった飼い主の皆さま、東京への搬送にご協力いただく小笠原海運株式会社の皆さま、小笠原でネコの室内飼養に取り組む飼い主の皆さま、ネコ目撃情報をお知らせいただく島民の皆さまなど、ネコプロジェクトにご協力いただく全ての皆さまに心より感謝いたします。

この間、アカガシラカラスバトの生息数は増加し、島民にとっても幻の鳥から身近な鳥となりました。母島南崎でもカツオドリの繁殖が再開しました。またオガサワラカワラヒワの保全対策も強化されています。未だネコの完全排除技術は確立されておらず、また限られた予算と人員での取り組みとなりますが、引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

Picture

父島北部、集落に隣接する三日月山を主な生息エリアとするメスネコ「クレセント」。このネコをセンサーカメラで最初に確認したのは2017年1月で、追跡すること5年半。この間お腹が大きい姿や子猫と一緒にいるところなどを数回にわたって撮影されていて、北部山域の繁殖源で、時折集落にも姿を見せることがあり、スタッフの間では難捕獲ネコとして有名でした。5月30日に再び島民に目撃されていましたが、ついに…このビッグママが捕獲されました。捕獲作業にあたったスタッフは、実に10カ月ぶりのネコ捕獲となり、毛色模様を見ただけでクレセントと分かり興奮したようです。ねこまちでの島名は山名をそのまま使い「クレセント」。人と生活する新たな猫生の始まり…これからはゆったりと過ごして欲しいです。

Picture

ねこまちに久しぶりにネコがやってきました。ノネコ捕獲は、父島では全島で、母島では集落を含む南部地域で行っていますが、継続的な捕獲により捕獲エリアでは半年くらい前からノネコの生息は低密度状態となっており、捕獲頭数がグッと減ってきています。ねこまちでは3月20日に母島ネコを東京に搬送して以後、休業状態が続いていましたが、19日に大人しいサビネコが、20日は元気に動き回る茶トラの子ネコが、どちらも父島躑躅山からやってきました。父島では3ヶ月ぶりのネコ捕獲となりました。

Picture

小笠原ネコプロジェクトは、東京都獣医師会の多大なる協力を受けて行われています。この春から富士フィルムVETシステムズ株式会社が東京都獣医師会と連携して、動物病院で行われる保護猫の血液検査サービスをサポートしてくださることになりました。ご協力に心より感謝いたします。https://www.fujifilm.com/ffvs/ja/news/54

Picture

夢中でおもちゃにじゃれるエマちゃん

― 小笠原ネコを引き受けていただいた里親さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.1083【エマちゃん】(母島乳房山西出身)

我が家にきて半年が過ぎようとしています。名前はエマと名づけました。最初の1週間は避妊手術直後という事もあり、ケージに入れていたのですが、すごく寂しがり屋で抜糸後ケージに戻るのを嫌がり、その後ずっと家の中で自由に生活しています。毎日よく食べ、いろいろな物にじゃれて、元気にすごしています。外出から帰るとリビングのドアの前でお出迎えしてくれたり、お風呂からあがると浴室のドアの前で待っていたり、とっても可愛いです。家族みんなの癒しです。朝早くからごはんが待ちきれなくて、頭突きをしてきたり頭の上を歩くのには閉口していますが… これからも大切に一緒にすごしていきたいと思います。


1 / 41234