2023年11月

Picture

勤労感謝の日の祝日11月23日(木)上野恩賜公園にて「2023動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”」が開催されます。小笠原ネコプロジェクトも東京都獣医師会ブース内でポスター展示を行います。「あかぽっぽ」や「おがじろう」が会場でお待ちしていますので、皆さま是非ご参加ください。

催事名:2023動物感謝デー in JAPAN “World Veterinary Day”

テーマ:「動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い」

日時:2023年11月23日(祝木) 10:00-16:00 *雨天決行

会場:上野恩賜公園

主催:公益社団法人 日本獣医師会

https://doubutsukansha.jp/2023/
Picture

― 小笠原ネコを引き受けていただいた飼い主さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.1167【アキちゃん】(父島長谷出身)

始めはかくれんぼ状態で息子と私でよく探していました。一部屋で自由にさせていたけど、よくこんなに隠れる所があるもんだと感心させられました。今は部屋に入ると、ベーベーと泣き「なんで一人にさせるの?」って感じです。なにしろ、やんちゃで甘えん坊につきます。下の階にはボーダコリー「ノンタ」が居るので何回か会ってはいるけど、今のところ2階だけですが慣れたようです。皆さんの自然に対しての思いに頭がさがります。私も11月で77才になりましたが、近ければお手伝いしたかった。自然も動物も大好きです。アキちゃんの為にあと20年生きようと決めましたよ。早くノンタと仲良くなってくれることを願いつつお便りしました。

Picture

有川美紀子さん作、絵は父島在住の織田和恵さんの『ネコがくれたしあわせの約束』という本があかね書房より出版されました。有川さんは2018年に『小笠原が救った鳥』を出版し、絶滅寸前であったアカガシラカラスバトがネコ対策によって回復していく過程を描きましたが、今回はその児童書版という位置づけで、フィクションの読み物となっています。単行本、対象は小学校高学年から、定価:1430円(本体1300円+税)。

〜〜ネコの雑誌の表紙をかざり、多彩な芸と愛嬌で人気者になったプップ。小笠原の保護ネコ第一号であり、山の暴れん坊から動物病院の人気者になった伝説のマイケルなど、小笠原で野生化したノネコたちの保護活動とハートフルなストーリーを通じて、命の大切さを伝えます。小笠原で実際にあった自然保護とネコの保護活動を背景に、自分たちにできる未来の作り方と人間の責任を、希望をこめて力強くえがいた感動物語〜〜