保全活動

 

  ■自然再生プログラムの実施
      (調査対象の中で、対処が必要な生物)
  →母島南崎 海鳥繁殖地復活プログラム
柵の設置とネコ捕獲、ほか
■共生事業の展開
→オガサワラオオコウモリの絡まない
             プラスチックネットの配布や設置
                        (家庭菜園や副作物など)

→人為インパクト影響緩和手法のプランニング
                            (河川、ダムなど)……etc

■ネコ舎(ねこ待ち)
山域で捕獲したネコを、島外搬出するための
施設の設置及び運営管理

■絶滅危惧種他の救護対応
 →オガサワラノスリ、オガサワラオオコウモリ、その他
 

 →傷病野生鳥獣の救護(東京都委託)

保全状必要な緊急対策の実施
 ex.タイワンモクゲンジ(街路樹拡散)への対処
 →タイワンモクゲンジ 小笠原における侵略性の発見、評価
    、緊急提言、行政を巻き込んだ対処&拡散防止に成功
  
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

特定非営利活動法人(NPO法人) 小笠原自然文化研究所
〒100-2101
東京都小笠原村父島字西町
光子ハウス1号
Tel&Fax:04998-2-3779
e-mail:i-bo@ogasawara.or.jp