2021年

Picture

毎年夏に行われている筑波大学大学院の「小笠原自然遺産演習」。今年は8月28−31日の日程で行われる予定でしたが、小笠原村が新型コロナウイルス感染者の複数発生を受けて「コロナウイルス一掃期間」を設けたことにより、来島できなくなってしまいました。これに変わる学習の機会として、今年は1日で環境省・林野庁・小笠原自然文化研究所とそれぞれオンライン講習会を行い、小笠原の自然遺産に関する取り組みを説明し、意見交換をしました。実際に現場を見たり、小笠原の自然を肌で感じることができない中、少しでも理解が深まれば…と思っています。

Picture

父島北部、集落に隣接する三日月山を主な生息エリアとする黒白ハチワレのメスネコ:山名は「クレセント」。このネコをセンサーカメラで最初に確認したのは2017年1月でした。その後、お腹が大きい姿や子猫と一緒にいるところなど数回にわたって撮影されていて、北部山域の繁殖源で難捕獲ネコとして認識されています。今年は6月頃から集落内にも度々姿を見せるようになり、6月下旬には子猫4匹と一緒にいるところも目撃され、捕獲体制を強化していました。出産から2ヶ月、子猫たちが母猫と離れて過ごす時間が多くなった今月中旬、3匹の子猫がそれぞれ捕獲され、ねこまちにやってきました。残る子猫1匹と母猫クレセントの捕獲も望まれます。

Picture

父島ネコ捕獲隊には6月から新メンバーが加わっています。少しずつ仕事を覚え、ひとりで行うことも増えてきましたが、8:48初めてのネコ捕獲連絡がLINEに届きました。父島では、ここ1ヶ月ネコの捕獲がないなか、捕まったネコは2019年2月に初確認して以来、何度か出産をしている三毛ネコで、大きな成果となりました。この調子で頑張ってほしいです。

Picture

5月25日母島乳房山で捕獲された黒ネコのスミ子ちゃん。搬送先の動物病院が決まり、6月13日の船で東京に行く予定でしたが、出港前日にねこまちにやってきた母島の黒ネコしずかちゃんが妊娠していることが分かり、動物病院で安心して出産できるように…と、急遽おがさわら丸と動物病院のチケットをしずかちゃんに譲り、そのままねこまちに留まることになりました。長い滞在となりましたが、警戒心が強いため馴化訓練は進まず、革手袋をつけて撫でる練習では唸っています。新たに搬送先の動物病院が決まり、18日の船で東京に行くことが決まりました。スミちゃんにも素敵なお家をみつけてくれるから、早く人にも慣れてね。

Picture

左:ご主人に抱かれるモネちゃん
右:ベッドで寄り添うモネちゃんと飼い主さん

― 小笠原ネコを引き受けていただいた里親さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.1058【モネちゃん】(父島丸山出身)

飼い主さんは、随分前に愛犬を亡くし寂しい思いをして過ごしていたようですが、最近「黒っぽい顔に茶色が入っているネコが夢に出てきて、私を探して‥と言っていたのよ」と、友人である動物病院の先生に連絡があったそうです。先生から「小笠原のネコは今どんな子が居ますか?」と問い合わせがあった時、ちょうどサビの子猫が待機中でした。ねこまちですでに馴化していて、誰にでもよく甘える人懐っこいネコで、はじめてネコを飼うお宅にもおすすめできるキャラクター、何より毛色がピッタリでした。

動物病院から引き取られた翌日「何だかずっと喉を鳴らしているんだけど…、何か怒っているのかしら?」と先生のところに電話があったそうですが、最近は、はじめてのネコとの生活にも随分慣れたようで「ビックリしながらの1ヶ月でしたが、こんなに早く懐くものなのか..と不思議な縁を感じています」とお話されていたようです。またネコが苦手だったご主人も、時々モネちゃんを抱っこしてくれているようです。


2 / 512345