最新情報

Picture

― 小笠原ネコを引き受けていただいた飼い主さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.1138【トトちゃん】(母島中ノ平出身)

3月にまこと君をもらい受けました。初めて猫を飼うため、いろいろと分からないことばかりですが、まこと君はとても人懐っこくて癒されます。母島で捕獲されたとのことでしたが、父島から来たことから、トトと名付けました。初めは怯えていましたが、今では家じゅうを駆け回っていて、やんちゃで、よく食べよく寝ています。家族は4人ですが、すぐに慣れて遊んでいます。トトが来てから、小笠原の猫について勉強しました。大変な仕事だと思いますが、陰ながら応援しています。

Picture

令和4年度最終日の11:20、父島ネコ捕獲隊LINEに『三日月山北で三毛ネコ捕獲。近くに黒ネコの後ろ姿…』と連絡が入りました。山中に設置したセンサーカメラにはネコの撮影があるものの、なかなか捕獲できない状況が続き、今年度父島捕獲ネコはこの三毛ネコで13頭目、月に1頭のペースでした。センサーカメラで撮影されたネコで白毛が混じる個体は識別が可能なため、模様をスケッチし、その後の撮影場所や日時を記録に残して追跡しています。最近は黒ネコが多くなり、識別が困難な個体が多くなってきましたが、今日捕獲のネコは2022年2月7日に2匹一緒にいるところを初めて撮影された推定1歳のパステル三毛でした。すでに繁殖群の仲間入りをしている年齢のため慎重に腹部の状態を観察しましたが、今のところ乳首の目立つ感じやお腹の膨らんだ感じはありませんでした。

Picture

捕獲を確認した直後のマイケル

2月22日猫の日から連載が始まった読売新聞オンラインのコラム「猫学(ニャンコロジー)」は毎週水曜日11:00に更新され、小笠原ネコについても紹介されてきました。本日更新の第6回目では、小笠原ネコプロジェクトを始めるきっかけになったネコ「マイケル」が人に馴れていく様子が紹介されています。引き続きご覧下さい。

読売新聞オンラインの「猫学(ニャンコロジー)」https://www.yomiuri.co.jp/column/nyancology

Picture

ねこまち西側掲示板には、10cm四方のタイルに東京に搬送したネコの絵を描いてもらい展示しています。搬送した全てのネコを描くことは難しいので、毎年捕獲ネコの中から十数匹を選んで、島に暮らす人に描いてもらっています。昨年に引き続き、今年も小笠原高校イラスト部の皆さんがペイントに協力してくれました。素敵な作品が出来あがっています。

Picture

2月22日(ニャンニャンニャン)の猫の日に合わせて、読売新聞オンラインのWebコラムで「猫学(ニャンコロジー)」の連載がスタートします。記者の小笠原ネコとの日常の様子や識者へのインタビューを通じて、猫と人のより良い関係を探求する内容となっています。この連載の中には、父島で捕獲されたハニーちゃんや小笠原ネコプロジェクトが時々登場します。またこれに合わせてyahoo!ニュースでも、18年に渡る小笠原ネコプロジェクトが”本土に渡ったノネコ1000匹 猫も希少種も守る「ノネコ引っ越し作戦」”として紹介されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e83f42151dfd119361824fec8ed04148c564e922

読売新聞オンラインの「猫学(ニャンコロジー)」は、毎週水曜日午前11時に更新されます。皆さま是非ご覧ください。

https://www.yomiuri.co.jp/column/nyancology/