最新情報

Picture

2010年から本格稼働したネコ対策事業ですが、7年が経過し多くの成果と課題が出てきています。今後の対策をどのように進めていくかを検討するため『小笠原諸島のノネコ捕獲推進のためのワークショップ』が、父島・母島・東京の3つの会場を繋いで開催されました。専門家を含む50名以上が参加し、①保全対象種 ②集落・農地のネコ対策 ③山域のネコ対策 についての現状と評価が行われました。その後、父島地域、母島、父島山域のグループに分かれ、それぞれの課題抽出を行いました。

Picture

動物派遣診療では母島父島それぞれ診療の後に、ネコ対策現場視察が行われています。今回母島では南崎海鳥繁殖地に、父島では初寝山に派遣団を案内しました。母島南崎では今年産まれの足環をつけたカツオドリの若鳥が確認されました。秋に巣立った若鳥は冬を迎えるまでのあいだ繁殖地周辺で過ごすようですが、この個体はその後の確認がなかったため大変嬉しい再会となりました。また、2005年野生化したネコによって海鳥の死骸の山となっていた場所が、今では草地となりオナガミズナギドリの繁殖地となっているところも見てもらいました。

この他、父島では来春開設予定の「小笠原世界遺産センター(仮称)」内の「動物対処室」も工事中でしたが見学を行いました。

 

Picture

公益社団法人東京都獣医師会による『小笠原動物派遣診療』**は、小笠原諸島における希少野生動物保護対策の一環で、飼いネコの適正飼養を推進することを主な目的として2008年から毎年開催してきましたが、来春開設する「小笠原世界遺産センター(仮称)」内に獣医師が常駐する予定となり、今年で最後の開催となりました。

11月25日に母島で、11月28日から12月1日にかけて父島で行われ、父島母島合わせて、ネコ46頭(受診率57%)、イヌ48頭(受診率61%)の受診がありました。会場では、今年もネコ連絡会議のスタッフから飼い主さんに事業の目的や山域・集落のネコ対策の進捗状況とこれまでの成果、「小笠原村飼いネコ適正飼養条例」、来春以降の取り組みが説明されました。また、これまで島のみなさんに描いてもらった「東京のどうぶつ病院に搬送されたネコ」のタイル絵500枚を印刷したポスターも会場に展示し見てもらいました。

動物派遣診療の開催にあたり、今年も多くの企業から医療機器・医薬品の無償貸与や提供がありました。

富士フィルムメディカル(株)、フクダエム・イー工業(株)、アコマ医科工業(株)、日本医療(株)、日本光電東京(株)、日本全薬工業(株)、森久保薬品(株)、〔順不同〕みなさまご協力ありがとうございました。

(**主催:小笠原村、協力:小笠原ネコに関する連絡会議、OPO、299会)

 

Picture

大好きなおもちゃをゲットしたところ

― 小笠原ネコを引き受けていただいた里親さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.632【はちくん続編】(母島東台出身)

はちは元気に過ごしています。ご飯はいっぱいいっぱい食べ、息子(高校3年)とおもちゃで毎日遊んでいます。抱っこはもう少し時間がかかりそうですが、人に甘えるという事はわかってきたようです。ふとんの暖かさも覚え、ぬくぬくしています。

Picture

修学旅行で来島中の東京都立足立西高等学校の生徒が、午前中ねこまちの見学にやってきました。2つのグループで、それぞれ30分程度の事業説明と見学になりましたが、小笠原の自然や野生動物保全活動、命を大切にする取り組みについて、少しでも学びがあったら…と思いました。