最新情報

Picture

2つのグループに分けて屋外でレクチャー

8月26日から29日まで、筑波大学大学院博士前期課程の大学院生14名が「小笠原自然遺産演習」にやってきました。滞在中、環境省や小笠原村役場スタッフから小笠原諸島の自然保護の取り組みや課題に関する講義を受けたり、林野庁スタッフの案内で東平アカガシラカラスバトサンクチュアリを見学しました。また小笠原ネコプロジェクトを学ぶため、ねこまちにもやってきました。連日のスコールや気温上昇を心配しましたが、ネコ対策の拠点となるねこ待合所を肌で感じてもらえれば…という思いで、コロナ禍の屋外での体験学習は例年と少し内容を変えて実施しました。センサーカメラ写真を用いたマッチングゲームも楽しく行えたようでした。

Picture

一昨日、母島南崎の海鳥調査に現地スタッフが入りました。ここ数年、巣立ち雛の数は右肩上がりに増えていて、6月下旬には多数のカツオドリが見られていたため期待が高まっていましたが、今年確認できたヒナは2羽でした。6月まで海鳥保護フェンスの修理作業を行なっていたことに加え、例年に比べて長く降水量の多かった梅雨や西之島の噴煙、気温が高めで、8月下旬になってもまだ接近した台風がないことなど、何か自然環境の変化も影響したのかもしれません。2羽のヒナが順調に成長し、無事巣立ちを迎えられることを願っています。

Picture

2年前の春ねこまちで生まれた子猫を譲渡した家の小学3年生になる島っ子が、ねこまちに体験学習にやってきました。夏の自由研究を【猫の体のひみつ】とういうテーマで進めていたところ、ねこまちのことを調べたくなった…と連絡が入り、朝のネコのお世話を体験することになりました。事前に『野鳥もネコもすくいたい!〜小笠原のノラネコ引っこし大作戦〜』(高橋うらら著、株式会社学研教育出版発行)を読んで、ネコプロジェクトにも理解を深めてやってきました。トイレ掃除、エサやり、食器洗い、室内掃除を行いましたが、ごはんを細かく計っていたことにびっくりしたそうです。自由研究はどんな風にまとめられるでしょうか?

Picture

― 小笠原ネコを引き受けていただいた里親さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.968【ロクちゃん】(父島奥村出身)

島ネコNo.973【ようたちゃん】(父島ねこまち生まれ)

動物病院から里親紹介して頂き、この度、さかなくん、ジョーくんを迎える事が出来ました。さかなくんは、名前改め、ロクになりました。ジョーくんは、ようたになりました。家に来て、約一か月が経ちました。毎日元気良く、2人で遊んでいます。食欲旺盛で、すくすく成長しております。お互い、とても仲がいいように見えます。故郷が同じなのが分かるのでしょうか?コロナ騒動が落ち着いたら、一度、小笠原を訪れてみたいと思っております。

Picture

― 小笠原ネコを引き受けていただいた里親さんから、新しい生活の様子が届きましたのでご紹介します ―

島ネコNo.936【勘九郎ちゃん】(父島丸山出身)

4月28日に娘夫婦が動物病院より勘九郎を受け取り、娘夫婦の家で躾などをしたうえ、6月4日に我が家にやってきました。娘夫婦のところには二匹の猫がいます(そのうちの一匹は小笠原生まれの黒猫です)。

勘九郎は活発で利発な猫です。すっかり我が家の生活に馴染んでいます。勘九郎は遊ぶことが大好きでカシャカシャというおもちゃで日に何度も遊んでとせがんできます。毎日トータル1時間以上遊んでいます。言葉を喋るように鳴き声を色々に使い分け、私は猫と話している気がしないくらいです。昼寝から起きた時は、”僕は起きたよー”と言っているような鳴き方です。餌をほんの少し残して”見てほしい”と言ってきます。側にいると一生懸命完食します。韋駄天の如く一人で部屋の端から端まで走ります。その元気さにこちらも元気をもらっています。甘えてすぐ私のところに座りにきます。もちろん夜は私のお布団の上です。私が目を覚ますまではじっと待ってくれます。たまには早く起きてと言って鳴くことはありますがね。気は強く逆ギレもしますし、自分の要求を無視されていると甘噛みします。わかりやすく可愛い子です。

人生初めての猫との生活に不安がありましたが、こんな可愛い動物だったのだと70歳を過ぎてから知ることとなりました。大切に育てます。皆さんのご活躍応援しております。