最新情報

Picture

世界自然遺産登録の評価のために国際自然保護連合(IUCN)の視察団が、7月4日から13日まで滞在しました。『ねこまち』にも8日午後訪れ、飼養室や引っ越しネコのタイルを見学しながら、事業概要を説明しました。最終日の記者会見ではこの取り組みについて「人道的なやり方で素晴らしい」との評価をいただきました。
お土産に『ネコ・ハト・カツオドリの詰め合わせチロルチョコ』を渡すと、「ネコから先に食べなくちゃね・・・」と。この船には帰国される視察団とともに、父島で捕獲された5頭のネコが乗船しました。
*関連記事: http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100713-OYT1T00558.htm

Picture

開所ぱーてぃーのイベントとして、参加した皆さんに描いてもらった『引っ越しネコのタイル』。ようやく焼付けと表面コートが終わって、展示することができました。東京に引っ越したネコの性格がそれぞれに違うように、出来上がったタイルのネコたちも個性豊かに描かれています。みなさんもお時間のあるときに、ゆっくり観にきてください。

Picture

投票で決まったネコ舎の愛称『ねこ待合所』。島の友人にお願いして看板を作ってもらいました。外壁のネコの顔、飼養室の雰囲気にあう看板を・・・との注文に応えて、出来上がった看板。とってもステキでしょ!

Picture

今日のおがさわら丸にも2頭のネコが乗船しました。2005年母島南崎で捕獲された「マイケル」から数えて搬送100頭目にあたるネコです。すでに100頭ものノネコを東京都獣医師会の先生方に引き取っていただいたことになります。
「アカガシラカラスバトやカツオドリは小笠原でないと生きていけない。けれど、ネコはきちんと面倒を見てくれる人がいれば、どこだって生きていける」「野生動物もネコも救おう」このあたたかい言葉と活動に支えられ、小笠原での保全活動は続けられています。どうぞ、これからもご協力よろしくお願いいたします。

Picture

昨日の開所ぱーてぃーに参加いただいた皆さまにお土産として配ったものは“オリジナルチョコレート”。アカガシラカラスバトとカツオドリ、そしてネコが印刷されたチロルチョコ☆の詰め合わせでした。ひとつの袋に「ハト」と「カツオドリ」と「ネコ」が仲良く入り、人が大切に持つ・・・『人とペットと野生動物の共生』この思いをお土産に込めました。
ちょっと苦労したこと。それは、内地からのクール便の対応がない小笠原への搬送でした。
☆DECOチョコ(カスタムチロルチョコ)