レスキュー

Picture

航路上〜停泊中の海鳥迷い込みは引き受けます!

19日、小さな“絶海の孤島”に大きなニュースがありました。定期貨物船「共勝丸」が生まれ変わって初めての入港です。
*先代は貨客船で所要時間未定(最低2泊〜、刺身と漬け物の食事付き)でした!

往路は建築資材や危険物(ガソリン、プロパンガスなど)を運び、今回のように、一月近いおがさわら丸ドック中には郵便物も引き受けます。
復路は廃車やリサイクル品(缶、ペットボトル、ダンボール他)産業廃棄物を満載し、小笠原の目指すリサイクル立島を下支えしてくれています。

新船を迎えた岸壁では、ささやかなセレモニーと内覧会。

3.11東北大震災。
いつものように貨物を満載して出航していた共勝丸は、津波が襲った母港石巻へ帰らず、「島の人たちの待つ荷物を届けよう」とそのまま南下してくれました。

*****

これまでにも定期船や自衛艦など、沿岸を航行する船にシラオネッタイチョウ(熱帯域で繁殖)やコシジロウミツバメ(三陸沖など)が迷い込んだ事例があります。
傷病対応は基本的に有人島に限られますが、私たちのライフラインでの事故はできるだけ受け入れたいと思います。

ただ、受け入れがたいケースもあります。二見港に入った海外のクルーズ船が直接接岸できるようになり、人間だけでなく、招かれざる客もポンと簡単に降りられるようになったのです。
来月早々に南極航路、その後もチリ周遊、イースター島経由、南太平洋航路、初夏にはカムチャッカ、アラスカなどから続々と入ってきます。

それらをどう防ぐかは先手必勝。なのに未だ具体策がない。

Special Thanks:株式会社 共勝丸、先代乗組員の皆さま

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

 

 

Picture

〜子ども達が大人になっても、この森があり続けるように〜

きのうの父島は久しぶりのどしゃ降り。雨の上がった森に、オオコウモリが1頭かえっていきました。

昨年10月12日に「有刺鉄線にひっかかってた」と運び込まれた、やんちゃなオオコウモリ。保護された場所にちなんで「うちゅう」と名づけました。

翼膜の付け根に大きな穴が2つ開き、足がパンパンにふくらんでいました。その夜、一般診療が終わって駆けつけたドクターも、「これは、翼が壊れていくパターンか・・・」。
それから休日返上での治療が始まりました。

幸い成長期の体は予想以上の回復力をみせ、翼もやや凹んだものの、穴がつながり、ふさがっていきました。

ほぼ一月で治療が終わり、その後はようすをみながらフライングケージでの訓練へ。これまで保護された中でも抜群の運動神経!さらに一月の間に、自分から飛び始め、小さなケージの中でUターンして戻ってくるまでになりました。

次回がないよう祈りつつ、でなく行動しつつ、今後のmodelとなる事例でした。

Thanks:JAXAの皆さま、オオコウモリ博士たち(おが小3年生29人)
Special Thanks:荒井ドクター&対処室スタッフ、希少種保全に関わる皆さま

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします!

2018最後の出動は、こんな現場でした。
メジロ成鳥がレンガの上でボーッと丸くなっています。
2階のスモークの窓には雲・・・でも、飛んでいるメジロの眼にはきっと、
向い側の木々の緑が映っていたのでしょう。

「めっちゃ可愛くて写真撮りまくり〜」
ちょっと焦ったけれど、お陰でメジロは轢かれずにすみました。
身体をはって守ってくれて、ありがとう。

別の通りには、島の素材で作った、こんな素敵な正月飾りがありました。

そう言えば・・・暖簾(のれん)のあるガラス戸には、あまり出動したことがないような。

皆さんにとっても、島の生き物たちにとっても、明るい一年となりますように!!

Thanks:FちゃんのAちゃん&お店番のお友だち、Gさん

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

昼前の小中学校グラウンドから連絡が入りました。到着すると・・・
見つけた子ども達、副校長先生も一緒に待っていてくれました。

グラウンド真ん中に鳥の羽根が散乱。。。足だけが落ちていて頭が見あたりません。
これは、猛禽類による補食の典型的な例です。

やられたのは模様とサイズからおそらくムナグロ、いつも芝生で虫をついばんでいる常連さんです。
やったのはノスリ?チョウゲンボウでしょうか?

「大きな鳥が小さな鳥を食べ、小さな鳥は木の実や虫を食べる。魚と同じだね!
大きな鳥は少ないヒナを育て、小さな鳥はたくさんのヒナを育てる。
だから大丈夫。これは自然の中ではごくごく当たり前のこと。」

なので、鳥インフルエンザなどの恐れはほぼありませんが、今回のように触らず連絡してくださいね。

Thanks: おが小4年生の皆さん、副校長先生と中学校の校長・副校長先生

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時*)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)
*オナガミズナギドリ不時着シーズンが終わったため、対応は22時までに戻ります。
よろしくお願いいたします。

Picture

皆さまへ、Merry Christmas !! (作成:Ayaka氏)

いよいよ師走も下旬、島も冬らしくなってきました。

例年より遅れるかと思われた巣立ちも短期集中で終わり、結果的には昨年と同じ14日にXmasツリー点灯式が開かれました。

今年もライトアップしたツリーの下で、近隣の方々やたくさんの親子連れの皆さんとともに、ささやかなパーティーを楽しみました!

サンタ姿のバード川上氏も特別参加、オガサワラミズナギドリを地元から復活させよう!とメッセージいただきました。

 

ご連絡・保護してくださった方、回り道をしてくださった方、風吹く夜にパトロールをしてくださった方、本当にありがとうございました!

Thanks:小笠原村産業観光課、支庁産業課、T電機とスウィング・ブロー、ミズナギドリ聖歌隊
Special Thanks:Dr.川上和人

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜24時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)


1 / 4912345...102030...最後 »