レスキュー

台風のうねりの消えた瞬間、とても穏やかな境浦ビーチ。
小笠原のもっとも素敵な景色の一つですよね。

その波打ち際に・・・ポーッとたたずむメジロが1羽。どうしたのでしょう?
息はしてるが体がぐらぐら、飛んでいかない。

島での夏の最終日を楽しんでいた方が、心配して連絡をくれました。

体が小さい分、炎天下だとすぐ脱水状態に、ずぶ濡れだと体温が一気に落ちて死亡することもあります。
幸い今回はどちらでもなく、お話をしている間に徐々に覚醒してきて、低くパタパタとモクマオウの枝へ。翼も大丈夫そうです。

一時的な脳しんとうの場合、30分くらい経てば覚醒するパターンが多いようですが、こんな事例は初めてでした。


Thanks:Kさん&仲介してくれたIさん

 

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078  [事務所8-17時]04998-2-3779

今月、船待ち前の交差点からははじま丸船待ちにかけての道路沿いに、父島で最大規模のハトの群れが出ています。たくさんの方から情報を頂きありがとうございます!

その中からお一方ご紹介します。
ちなみにご主人はこれまでで唯一、海上でハトを確認した船長さんです(なんと漁船で一休みして行ったそうです!)。

 

朝ランの時に
アカガシラカラスバト
一箇所に10羽いたので
お知らせしたいと思い連絡しました
場所はアリランのガジュマルの所で
電線の所にも止まっていました

こんなにいっぺんに会えたのは
初めてで感動しました!

明日も朝ランするのが楽しみです

出会えて幸せな気持ちになりました♥

 

Special Thanks:フルマラソンランナーのWちゃん

 

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078  [事務所8-17時]04998-2-3779

Picture

プルメリアの白とバナナの緑が印象的な、南国らしい警察署!

朝イチで警察署から電話あり、事務所スタッフが受け取ってくれました。

「昨日の事故」掲示板にメジロがちょこんと倒れていたそうです。まるで誰かが置いたように。

以前、この角のライトにオナガミズナギドリが当たったことはあり、それはお祭り広場(海側)から1列に並ぶライトのせいかと推測されました。

人も鳥も一緒に暮らしていると、こんなものがトラップになってしまうこともあります・・・残念。

Thanks:小笠原警察署の皆さま。見つけて(のせておいて?!)くれた方

 

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078  [事務所8-17時]04998-2-3779

 

 

Picture

Bonin Petrel[シロハラミズナギドリ]とても大人しい種です

この特徴ある顔立ち、是非ぜひ覚えてください!

人工物に衝突して口腔から少し出血があったようです。

 

今日は、島の梅雨ならではの夕立。遠くで雷も聞こえる豪雨のあと、一転して夜半には星も見えました。

 

いま、島はアオウミガメ産卵期に入り、海沿いのライトが消されています。

グラウンド海沿いの直線道路もライトダウン。

暗い路上で、車のライトに驚いてパタパタしているところを保護されました。危ういところありがとう!

 

Thanks:ディナー帰りのAiちゃん

 

うずくまっている鳥を見つけたら・・・

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078  [事務所8-17時]04998-2-3779

Picture

右に出た枯れ葉の上に、ちょこんと乗った黄色い嘴がわかりますか?

 

小さなお子様のいるご家族なら場所がすぐわかる、福祉の角のヤシの木。

15:15 通報の電話は「あ〜今、ヤシの幹をのぼってます〜」で切れ、見つけた方がヒナを樹上に戻してくれたのかと思いました。

18:10  現場を再度確認。ヤシ樹上でヒナが鳴く。

18:25 高校側(通称:天皇の道)から警戒音! ←わたしに対して!!

電線伝いに成鳥2羽が飛来、ヒナの近くで呼ぶ。

18:27 まず、親が高校側へ飛んでいく。ヒナもパタパタとあぶなっかしく後を追い、なんとか道路わきの樹上へ到着。

その間しきりに鳴き交わしていたが、まもなく静かになる。

 

なんと、ヒナは自力でこのヤシを登ったのでした〜めでたし、めでたし。

Thanks:Iwaさん(亀センター)

 

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078  [事務所8-17時]04998-2-3779