レスキュー

Picture

舌を抜かれたガーコ

昨日(10月28日)夕方、18時に父島二見港に入港予定というMissPAPAYA号から連絡が入りました。聟島列島の海上で弱っているような、様子のおかしいカツオドリを見つけ船に乗せたとこのこと。すでに暗くなったとびうお桟橋に駆けつけると、今年の巣立ち鳥♂が1羽。首の下に傷があるほかは、怪我もなく、翼力はあるものの、大変に痩せており影響失調状態でした。この時期、海上には今年産まれのYoungたちが、まだおぼつかない飛行で必死に魚を追っています。「こいつも、餌とりが下手で、ばてているところを、たまたま拾われたのだろうか、ラッキーなガーコだ」と思いながら、口の中を覗くと、舌がありません。正確には小さな根元の痕跡を残して切断されています。首回りの傷からも考えると、餌をとれない若鳥が、漁船の餌を狙って釣られてしまったのでしょう。魚と針は運良く外れたか、あるいは外してもらえたのでしょうが、その際に口内に大怪我を負った、と想像されました。カツオドリ本来の嘴の器用さを考えれば、嘴だけで魚をつかみ、飲み込むことも、訓練次第では可能になると思われます。
Wanted ムロアジ・イワシ・雑魚など

Picture

頸部を負傷のオナガミズナギドリのヒナ

10月11日に、父島周辺(ひょうたん島)で、アイッパラ号により保護された海鳥が運び込まれました。今が繁殖期で、育雛まっさいちゅうのオナガミズナギドリのヒナですが、頸部の表皮がはぎ取られる重傷でした。まるで環状剥離された樹木のようで、頸から上の頭頂の皮膚は孤立してしまい、毛根までダメージがいってしまったのか、激しく脱毛して表皮は壊死寸前でした。オナガミズナギドリのヒナは、巣立つまで土中の巣穴を出ることなく暮らしています。親鳥が給餌に戻るのは主に夜間です。特に昼の間は、ヒナは「じっと」静かに巣の中で動きません。自ら巣穴を出ることが考えくいのです。そんなオナガミズナギドリのヒナが、昼間に海上を漂っており、しかも首には大きな傷がある。どうして、海上にいたのか? 負傷の原因は何か? 謎は深まります。
さて、その後深い後頸部皮膚の傷が化膿することもなく、感染症もいまのところでず、予想を覆して保護後16日目を越えて生存し続けています。頭頂の皮膚に至っては再生さえはじめており、綿毛も順調に抜けだして、お腹の下には白い羽毛も見え始めました。保護後も給餌以外には特別な処置はしていないので、その生命力には驚嘆します。

Picture

仲間の元へ元気にこぎ出す放鳥時の姿

父島の集落地内の路上のわずかな水溜まりで、じっと動けないでいるオナガガモ♀が運ばれてきました。胸に肉はほとんどなく、長旅による極度の衰弱と思われます。この季節、小笠原には多くの渡り鳥が立ち寄ります。完全とは言えませんが、数日間の静養と栄養補給の後で、仲間数羽が滞在中の八瀬川に放鳥しました。

Picture

発見されたムナグロの死体

父島北部で鳥の死体の連絡。広い芝地のへり、防風・防砂林のある陰で冬羽に換羽をはじめたばかり?のムナグロが死んでいました。身体に残る傷跡から、おそらく背中に一撃された後、胸筋を一口程度かじり獲られたものの、本格的に食べるには至らずそこで捨てられたそんなかんじでした。広い芝地やグランドの真ん中であれば、このような個体はでませんが、その外周部、とくに木や建物、丈の長い草など芝地とモザイク状になるところで、このようなケースがままあります。鳥の死角が増えるし、ネコもわかっているのでしょう。

Picture

運び込まれたメジロ

父島扇浦から道路側溝の中で動けなくなっているメジロが運ばれました。嘴や頭部に体液が固まった後もあることから、激突・負傷して動けなくなっている可能性が考えられました。場所から交通事故の可能性が高そうです。この個体は、残念ながら間もなく死亡しました。それにしても、8月末までに、台風の襲来は皆無と言って良い状況です。梅雨の長雨はすごかったですけれど・・。台風がなかったため(の餌条件)でしょうか。メジロやヒヨドリの繁殖回数、というか、巣立ちヒナを集中して見た時期が、3度になりました。調査をしていないのでわかりませんが、今年はメジロやヒヨドリが持ち込まれる件数が多い背景に、そもそも例年より多く孵化している可能性がありそうです。

THASNKS ホテルホライズン