その他

Picture

外来種代表のモクマオウ。大きな被害にも群を抜く
再生力で復活し、さらに在来種を圧迫してゆく。 

猛烈な台風14号が、9月22日から23日にかけて小笠原諸島を襲いました。915〜920hPaという、小笠原でも聞いたことがないような強さで、厳重な台風養生の上で、静かにこの台風の接近を迎えました。通過後3日たった今でも、島内は朝から台風の片づけ・・・片づけ・・・。一部の地域では、まだ電話、TV回線等に問題があるようですし、母島では主要都道が倒木の影響でまだ通行止めとなっています。いた場所、高さ、風の角度、住居の状況などにより、印象も異なるようですが、島で大多数の人が住む集合住宅に住む私の家は5F(最上階)の南向きの角部屋だったため、台風通過時には、雨戸が枠ごと抜けるか?というような暴風が、ドシン、ドーンと何度も叩きつけました。人命にかかわる事故等がなかったのがホントに良かったのですが、その爪痕は深く、当分の間、島は復旧作業に追われそうです。ちなみに、台風とかちあった おがさわら丸(前便)が欠航したため、すでに台風前より、島では生鮮食料品は底をついていました。野生の生物にとっても、特に陸鳥、陸獣にとっては深刻な餌不足によるサバイバルが始まりました。外来生物との競合、競争も、このような時こそ激化するものと思われます。住んでいる動物を含め、山全体が弱っています。次の台風が当分こないことを祈るばかりです。

 小笠原自然文化研究所は、4月上旬まで学会等で出張し小笠原を留守にします。傷病対応は、スタッフにより継続しますが、このコーナーは、担当の私が島に戻るまでお休みいたします。春を迎え、1日で真っ赤に日焼けするポカポカ陽気と、突風吹き荒れる荒天が交互に過ぎてゆきます。海上には、繁殖のために飛来した沢山のオナガミズナギドリが飛んでいます。

Picture

西島沖 ぬっと出たザトウクジラ

最近、すこし重たいレスキュー話が続きました。
今日は、ちょっと海など眺めて、休憩することといたしましょう。

Picture

本年もどうぞよろしくお願いします

旧年中は、小笠原の野生鳥獣保護のために、島内外の多くの皆様にご理解ご協力を頂きまして、まことにありがとうごさいました。おかげさまで、多くの野生鳥獣を救うことができました。大・大・大感謝であります。また、思いがけず、人との軋轢の中で、本来の島の自然にはないはずの負傷・死にあっている多くの小笠原の野生動物の姿も見えてきました。この小さな島々を舞台にして、ともに生きる未来があるように。本年もみなさまのご理解・ご協力をお願いいたします。

Picture

島の呼び名は「ウィロウィロ」

小学校の校外授業をビジターセンターで行いました。当研究所が父島ビジターセンター内で開催中の特別博物展「海洋島小笠原 その魅力と危機」の中で実施している環境教育プログラムです。さて、今日のお相手4年生とともに授業の後で、昨日扇浦で保護されていたシロハラミズナギドリを放鳥しました。船から見ることはあっても、至近距離でみることは少ないミズナギドリの水掻きや、まん丸の目、長い翼に、子供達は興味津々で、つぎつぎと質問が飛んできました。島の子供たちと見送るシロハラの姿は一段と素晴らしいものでした。島っこですから、シロハラミズナギドリという和名よりも、最近は聞かなくなった島の呼び名「ウィロウィロ」を強調しました。

THANK’S Solmal、Mr.SAHARA、RAO、4年ハート組&Teacher KANOU