最新情報

Picture

(下)マイクロチップの確認

今年も台風の影響でおがさわら丸の運航が心配されましたが、予定通り筑波大学大学院生が3日の船で来島しました。毎年恒例となった小笠原自然遺産演習。国際色豊かな学生22名がねこまちを訪れ、小笠原のネコ対策について進捗状況とこれまでの成果、これからの課題について学んでいきました。

Picture

右上の白いものがカツオドリのヒナ

7月30日迷走台風5号が小笠原の東側を通過していきました。ねこまちのある父島は、ほとんど被害もなく、山の中も枯れ枝が散乱する程度でしたが、台風進路に近かった母島南崎では、海鳥保護柵(ネコ侵入防止)に破損がみられ応急処置を施しました。心配されたカツオドリのヒナたちは、昨日の調査で生存が確認され、ひと安心です。天候も落ち着き、山中の安全も確認されたので、今日からネコ捕獲を再開しました。

Picture

カツオドリのヒナ

今日、母島南崎海鳥繁殖地に調査に入ったスタッフから3羽のカツオドリのヒナを確認したと連絡がはいりました。今年も順調に子育てを行っているようです。

Picture

今夏は昨年に比べて集落周辺に現れるあかぽっぽの数が多くなっています。今朝は若鳥を含む7羽ものあかぽっぽが自宅の庭にいた…と友人が知らせてくれました。

Picture

岩の上に3羽、右端中央に1羽

山を巡回中の父島ネコ捕獲隊員から1枚の写真が送られてきました。画面には4羽のアカガシラカラスバトが写っています。これまでも巡回中にアカガシラカラスバトを見かけることはありましたが、4羽一度に見たのは初めてで嬉しくなって連絡を入れたようです。ネコ捕獲隊にとって活動の目的は山中のネコを捕獲し低密度にすることですが、成果は保全対象種であるアカガシラカラスバトなどの希少野生動物が復活することで、今日の景色は活動を始めた頃には見ることができなかった風景です。気温も湿度も高い小笠原の夏、突然スコールに見舞われることもありますが、4人で分担しながら毎日山を歩いています。