最新情報

Picture

今のところ順調に育っているようです!

さてさて、島は陸鳥たちの子育てシーズンまっただ中。

奥村では、去年ネズミに樹上巣を襲われてしまったメジロのペアが、今年は枝の細い別の樹を、さらに、やや低い位置を選んで、こんな素敵な巣をかけました。

もし、ヒナが落ちているのを見つけたら、まずは周りを観てください。親鳥が近くで心配している場合が多く、なるべく巣に戻してやります。
ただし、親も巣もわからない、あるいは車や雨の危険のある場所など、心配な場合はすぐにご連絡ください。

*IBO鳥獣レスキュー 080−2035−8078

Thanks:奥村のSさん親子&ご近所の皆さま

Picture

速報会ポスター

かつて、小笠原の海・空・島の一部であったはずの、小さな小さなミズナギドリ。これまで世界じゅうで、確実な情報は、わずか8例でした。4月2日(木)父島ビジターセンター、5日(日)母島支所、6日(月)扇浦交流センターで、発見速報会をやります。

Picture

砂の上からふわっと離陸、波間にフンを落とし、
あっという間に低く低く兄島瀬戸まで出ていきました。
photo by Ohata

年度末も押し迫り、例年になく寒かった島にもカメ陽気がやってきました!夜空にガスのかかった翌日、夕方になって見つけられたのはクロウミツバメでした。港前のお店の通用口に立てかけた、モップのわきに隠れていたとか。中継してくれたのは、たまたま送別会で店を訪れた都レンジャーさん達でした。

Thanks:Kさん、Ruiさん、Otoちゃん

Picture

今年もよろしくお願いします。

Picture

今日は 鳥の話ではないけれど、すてきな灯りの紹介です。父島の おがさわら丸を降りた二見港の前にあるクリスマスイルミネーションです。小笠原らしく イルカもいます。観光のお客さんだけでなく、島に暮らす住民にも、冬の到来を知らせてくれる素敵な灯りで、大勢の人が楽しみにしています! 実はこのイルミネーション、オナガミズナギドリの巣立ち終了を待ってから点灯してくれているのです! LEDの登場以降、華やかつ省エネもかなえた新しい電飾時代を迎えました。各都市では11月下旬ともなれば、早々と街も木々も工夫を凝らした灯りで彩られ、街頭にクリスマスソングが流れます。設置に手間もかかりますから、美しい光の装飾を少しでも長い間、見てほしいとは誰しも思うこと。小笠原でも同じです。でも、南の島の小笠原では11月下旬から12月中旬が、オナガミズナギドリの巣立ち時期。巣立ち鳥の多くが人工照明に誘因されて、不時着して命を落とす場合もあることは、このコーナーでも繰り返しお伝えしてきました。そこで、小笠原村さんが、オナガミズナギドリが大方巣立つまで、点灯を待ってくれているのです。毎年、この時期には、村の担当の人、電気屋さん、私たちがドキドキしながら巣立ちの推移を見守ります。そして、点灯予定日には繁殖地調査の現場から直接電話をかけます。「大丈夫、巣立ちました!」。担当さんは、すかさず電気屋さんに連絡。さっそく作業準備に入り、夕方には、イルミネーション点灯となります。村だけでなく、近くの民宿さんでも、同じタイミングでイルミネーションの点灯をしてくれています。 巣立ち海鳥へも 心を配ってくれているみなさまのためにも、「オナガミズナギドリが巣立ったら! 小笠原はクリスマス。」というように、海鳥たちが季節の便りとして、もっと島の暦に溶け込むように頑張ります。