最新情報

Picture

まずはブリーフィング。
その後は鳥も人も浜辺にバラバラと不思議なひととき。

15羽のご一行さまの大放鳥大会となりました。鳥の匂い? 気配に誘われて、人も集まり、まずはオナガミズナギドリのブリーフィングから。その後は、一斉の大放鳥・・・・とはいきませんでした。穴の中でずっと育った彼らにとっては、海へ行くのはなかなか大きなハードルのようです。海だったり、空だったり、飛ぶことだったりが、怖いのかもしれません。海鳥なのに? そう言いたくなるほどに、ヒョコヒョコ戻ってくるもの多数。海に背を向けて、必死に羽ばたきのデモンストレーションをするもの多数。 「飛べるのわかったから、はよ、海に行きな、と声をかけても」必死に どこかに戻ろうとします。もしも、繁殖地の巣穴に戻れても、もう親鳥はいません(巣立ちの時期、親鳥は先に飛び立ちます)。何も教わらずに、餌とりも、飛び方も自分で覚えていくのです。海と空が彼らの先生です。この先の長い鳥生?を思えば、わずかなひとときです。それぞれ1羽1羽の個性、性格にあわせて、まったりと飛び立ちを待った午後でした。
まだまだ、巣立ち鳥の不時着は続きそうです。引き続き発見と、ご連絡をどうぞよろしくお願いします!

Picture

ダンボール箱の中は、みんなミズナギドリ
巣穴の中の気分なのでしょうか。昼は ひっそりおとなしくています。

父島でも連日連夜、オナガミズナギドリの巣立ち鳥の不時着が続いています。昨晩は13羽超え、今晩あたりも怪しい雲行きです。みなさま、ぜひ見つけてやってくださいませ。1512なお、不時着場所としては、港周りの照明が明るい場所。タイミングとしては雨風の強い悪天候の夜が集中します。幸いに、今シーズンは怪我を負った個体は少なく、ほぼ良く朝以降に放鳥できています。この時期、公共施設や、民宿さんなどでもライトダウンにご協力いただいています。毎年ありがとうございます!! 人が暮らす以上 灯りは必要なものですし、街全体の灯りをコントロールは難しいものの、大きな光も、ひとつひとつの積み重なり。不時着事例も、もとは個別の1例,1例。 台風年に半年かけて育った命が巣立つ時。 なんとか1羽でも多くの島っこ ならぬ 鳥っこ を また戻って来いよ、と大海原へ かえしましょう。

Picture

Picture

春から飛来し、媒島、南島、鰹鳥島などで大繁殖地を形成する。夏前に産卵し、卵は7月末から8月頭にふ化します。暑い暑い夏から、子育てをはじめ、長い夏と短い秋を乗り切って、ようやく巣立ちの季節となりました。特に今年は、近海をいくつもの強い台風が通りすぎました。嵐を乗り越えた子供達が、海へ出て行きます。毎年ご紹介しているお話ミズナギドリの多くは、光に集まる習性があり、島の灯りに吸い寄せられて不時着します。若鳥にとって、不時着は本来、特別なことではなく、無人島では朝までに自力で浜へ出て海へ帰って行きます。
ところが どっこい 有人島に着陸すると、交通事故、建物衝突、ネコなどで朝までに沢山の命の危険に遭遇します。夜のうちに発見、回収できれば翌朝には海に帰すことができるのです。ところで、実は、例年以上にすべりだしが早く、10月からチラホラ巣立ち鳥の回収がありました。11月20日頃には、南島の繁殖地モニタリングではすでに巣穴の半数が空。これから、第二陣、三陣が、出ていきます。 台風年2013育ちの 島っこ?  鳥っこ? たち。1羽でも多く、旅立たせたいと思います。
しま の みなさま レッツ 鳥っこ レスキュー!