最新情報

Picture

聟島列島へ調査に行きました。むむっ、海上を飛びまわる白く大きい鳥が・・・カツオドリのような体つき・・・・・・近づいてくると、印象的な模様。西之島まで行かないと会えないアオツラカツオドリ! 嬉しくもあり、興奮しましたが、やっぱり西之島の噴火が気になりました。溶岩で旧島のネコの額の繁殖地は、今にも飲み込まれそうです。現地ではガスや噴石も飛び交っているはず。海鳥たちの小さな繁殖地や植生、少しでも残ってほしいものです。

Picture

火山列島からの使者でご紹介したクロウミツバメ。珍しい日本固有の海鳥です。
洋上の分布は広いものの、これまで繁殖地は火山列島からしか見つかっていません。火山列島海域に行くと、まっさきに船の後ろにつく海鳥です。ヒラヒラと蝶々のようにトリッキーに舞い踊ります。

Picture

6月18日の入港日、出迎えの人たちが集まった二見港岸壁で、ははじま丸への通路沿いのライト足下に、ポンと鳥が落ちていました。飛翔しているそのままのきれいな姿。どなたかが見つけて置いてくれたのでしょうか?
少し褐色がかっているけれど「黒アジサシ」。額から頭部にかけて白灰色なので、遠目にはベレー帽をかぶったように見えます。
夏場に宮之浜や釣浜、小港など外洋に面した湾口でたまに見かけます。フォッフォッフォッと羽ばたいて横切ったり、岩場にポンと止まっていたり。
火山列島には「ヒメクロアジサシ」も繁殖しています。以前、硫黄島の墓参に参加したとき、監獄岩の周りで両種の混成群を観察することができました。
図鑑では「ヒメの方が黒み強い」となっていますが…一緒に混じって飛んでいると、ヒメの方が一回り小さく見えました。 落ちている鳥がいたら、ご連絡ください!!

Picture

羽根の外側に白斑が目立つ

先の南硫黄調査で、調査隊員の上に次々と降ってきたのがこのクロウミツバメ。現在判明しているコロニーは世界中、他にありません!! 名前の通り、ツバメのような先割れの尾羽。シロハラより、アナドリよりゴツい額。この個体は56g、黒い鶏卵に脚が付いていると想像してください。しかも、水掻きは対サイズの割に大きい。その策餌の様子は船乗り曰く、「海の上を歩いて、魚をつかもうとしている」。シロハラは旋回しながら高度を上げ、進むべき方向を確認してす〜っと消えていきます。それに対し、クロアジサシはヒラヒラと湾内を旋回しながら海面から少し上がったり下がったり・・・海面すれすれで瀬戸へ出て行きました。
なお昨年も同時期、同とびうお桟橋でクロウミツバメが保護されています(2013/ 05/ 13,by OWA職員 Thnks!)。今回は、入港日に出発準備で忙しいDiving船スタッフが保護してくれました。ありがとうございます〜!皆さんも、お散歩がてらor帰り道にちょっと寄り道してみてください。そして万一、漂っている鳥がいたらご連絡を!!

鳥獣RESCUE&「あかぽっぽダイヤル」080-2035-807

Picture

US機のようなプロポーションで、海面を走って離陸!!

小笠原では春と秋の2回、曇った夜空から鳥が降ってきます。秋はおなじみ、この海域でよく見られるオナガミズナギドリの巣立ち個体。一方の春は、繁殖のために島周りにやってきた親鳥たち(アオウミガメに重なりますね!)。種類はシロハラミズナギドリがメインですが、父島ではセグロミズナギドリが混じります。