最新情報

2020年も明けて10日たち、島も夜空は月が冴えてぐっと冷え込むようになりました。


繁殖種の陸鳥たちはというと・・・集落の外れでもハシナガウグイスの囀りが聴こえています。
かろうじて「ホーホケキョ」になってます!


と、昨日はメジロ、今日は路上うずくまりヒヨドリが保護されました。
どちらも車にぶつかったようです。

確かに、地面スレスレや道路上を低く飛ぶ姿がよく見受けられます。
効率的に餌を探してそういった飛び方になっているのかと推測しますが、弱っているわけではなさそうです。

くれぐれも急ハンドルや急ブレーキでお子さんがケガをしないようにしてください!

Thanks:保護してくださった方、ご心配くださったお母さん達

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

例年だと交通事故防止のため中央山入口などで路面の掃き掃除に追われたり、捕獲に集中したりと、カラスバトに明け暮れているはずの年末年始。
ただ今年は、アコウザンショウも台風でたたかれてほとんど結実なく、父島でも母島でもハトの出現が極端に少なくなっています。

いま目につく餌はガジュマル、ジュズサンゴ(写真)など。ここへ来て各所で熟果を落としています。
大好物のシマモクセイは今やっと花が咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


もしハトを見かけたら時間/場所/あかぽっぽorくろぽっぽ/リングの有無を、ぜひ事務所までお知らせください!

父島では来る16日、母島では17日に「あかぽっぽの集い」が開かれます〜お待ちしてます!!

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時~20時)

[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

改めて新年明けましておめでとうございます。
先に登場したシジュウカラガンも父島で年を越したようです。

2019/12/28(自衛隊父島基地敷地内)
21日に続き2度目のクリノイガ除草作業時の様子です。

島の老舗NPO野生生物研究会の呼びかけで行われ、冬休みに入った島っ子も参加。
作業している横でガンがゆったり座り込んでいます。

ふだん海鳥のほかシギ・チドリ類、アジサシ類や水禽など渡り鳥もよく舞い降りる、島でいちばん大きな芝地。
かつ救急時にはUS-2が離着陸し、島の生活にとっても最も大事な場所。
それ故に、鳥が運んだクリノイガが想像以上にはびこっていました。
放っておけばここからまた、はるかな別の島へと運ばれていってしまいます。

これから長期戦となりそうですので、土曜の午後ご都合つく方はぜひご協力ください!
(問合せは野生生物研究会へ 04998-2-2206)

島の生き物たちと一緒に暮らせるよう、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時~20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

12月11日のイルミネーション点灯後、父島でのオナガミズナギドリの保護はゼロ。そしてまた星空に戻って18日、入れ替わるようにシロハラミズナギドリ第1号が落ちてきました(例年は年明けてからが多いのですが)。

場所は西町の世界遺産センター正面玄関の前。仕事帰りに見つけ、いったん帰宅したものの、気になって現場に戻ってくれました。そして保護まで数分ほどの間に、なんとネコが横切ったそうです。今回もまた間一髪!!

その後はまた静かな夜で年が暮れました。

さぁ、父島は「新ははじま丸」の汽笛で2019から2020へとバトンタッチ!
予報通り夜から雨でカウントダウンの花火は中止(涙)・・・新年が静かに明けました。


Thanks:青森出身のFさん

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

今季は昨年、一昨年より1週間ほど早くオナガミズナギドリの巣立ちが終わりました。不時着は30件ほど。ちょうど新月と重なり、雨天も多かったわりには例年並みですみました。

しかもすっきりした美形が多く、ほとんど産毛がないのに体重は多目という、ちょっと解せない結果でした(追ってご報告します)。
「海鳥が運ぶChristmas」も、少しずつ島のカレンダーに入ってきた感じです。
点灯式にきてくださった皆さん、ありがとうございました。また来年も来てくださいね。
場所は先客待合所前のガジュマル。この夏くろぽっぽ&あかぽっぽがよく現れていた、あの樹です。

まだ日中は26℃を超える日もありますが、清々しく手入れされてChristmasを迎えています。

こちらはBonin Coffeeが飲めるコーヒー農園のChristmas tree♪
(オオコウモリの被害も受けつつ・・・感謝です!)


Special Thanks:講習会ご参加の皆さま、
うずくまった鳥を発見&保護してくださった皆さま

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)
不時着シーズン終了後は待機20時までとなりますが、
オオコウモリの事故等の場合は夜間でも対応します!