最新情報

12月11日のイルミネーション点灯後、父島でのオナガミズナギドリの保護はゼロ。そしてまた星空に戻って18日、入れ替わるようにシロハラミズナギドリ第1号が落ちてきました(例年は年明けてからが多いのですが)。

場所は西町の世界遺産センター正面玄関の前。仕事帰りに見つけ、いったん帰宅したものの、気になって現場に戻ってくれました。そして保護まで数分ほどの間に、なんとネコが横切ったそうです。今回もまた間一髪!!

その後はまた静かな夜で年が暮れました。

さぁ、父島は「新ははじま丸」の汽笛で2019から2020へとバトンタッチ!
予報通り夜から雨でカウントダウンの花火は中止(涙)・・・新年が静かに明けました。


Thanks:青森出身のFさん

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

今季は昨年、一昨年より1週間ほど早くオナガミズナギドリの巣立ちが終わりました。不時着は30件ほど。ちょうど新月と重なり、雨天も多かったわりには例年並みですみました。

しかもすっきりした美形が多く、ほとんど産毛がないのに体重は多目という、ちょっと解せない結果でした(追ってご報告します)。
「海鳥が運ぶChristmas」も、少しずつ島のカレンダーに入ってきた感じです。
点灯式にきてくださった皆さん、ありがとうございました。また来年も来てくださいね。
場所は先客待合所前のガジュマル。この夏くろぽっぽ&あかぽっぽがよく現れていた、あの樹です。

まだ日中は26℃を超える日もありますが、清々しく手入れされてChristmasを迎えています。

こちらはBonin Coffeeが飲めるコーヒー農園のChristmas tree♪
(オオコウモリの被害も受けつつ・・・感謝です!)


Special Thanks:講習会ご参加の皆さま、
うずくまった鳥を発見&保護してくださった皆さま

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜20時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)
不時着シーズン終了後は待機20時までとなりますが、
オオコウモリの事故等の場合は夜間でも対応します!





中学校からの電話に、またバードストライクかと駆けつけると・・・

おそらくシジュウカラガンと思われます。

前日、扇浦でその姿が確認されていました。
なんとlocalカツオドリに威嚇されていたようです!

photo by Hayato.C

もう今年、父島にはインフルエンザが入ってしまいましたが、
鳥インフルエンザはまだ発表されていません。ご安心を。
ただし、うずくまっていたりしたら近づかないで連絡してください。


Thanks:小笠原中学校

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

おが小5年仲良し組が
「奧村グラウンドの木の下に、オナガミズナギドリのヒナがいるー」
と、連絡をくれました。

 本当にオナガかなぁ・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にオナガでした!!

「ボールを追っかけていったら、いたんだ」
「ちゃんと勉強したから、すぐ分かったよ!」

体は黒々、羽毛がまだうねっていて、羽軸のカスがこぼれる。
=まだ羽毛が生えそろわず、伸びきっていない、まったく日焼けしていない。

が、体重は420gもあるのに産毛が全然ない・・・
巣立ち個体の不時着第1号か?はたまた未繁殖の若鳥か?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

不時着個体から得られるdataはまだまだありそうです。

総合学習で一緒に学んだオオコウモリ&海鳥博士たち、実践ありがとう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Thanks:A君たち&小学校支援員のJちゃん、IBO研修生_R

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)

たいてい洋上はるか南東から迷鳥がやってくることが多いのですが、ほぼ直撃だった21号の場合は何も・・・通過から2日たって再び激しい雨。その後に続々といつもの海鳥たちが迷い込みました。

東京出港日を遅らせ、台風とすれ違うように南下してきた定期船おがさわら丸。
二見港でハッチを開け切る直前、ずぶ濡れで小さくなったアナドリが発見されました。まさに間一髪!


Thanks:「おがさわら丸」甲板員のSさん他

【IBO鳥獣レスキュー】080-2035-8078(6時〜22時)
[IBO事務所]04998-2-3779(平日8-17時)