最新情報

Picture

今日は、街への不時着により保護していたシロハラミズナギドリを別件の船上より放鳥しました。繁殖への飛来にはまだ少し早いかんじ。これも台風による影響かもしれません。

Thanks 紀さん

Picture

腹からの写真

台風14号あとくらいから、父島湾内などで白いアジサシの目撃談が相次ぎました。「キョクアジアシでは?!」との話しもあり、回収時にはだいぶ興奮しましたが、今回の事例は目撃談を彷彿とさせるものの、(ただの とは言っては失礼)アジサシでした。でも この(ただ)アジサシの記録じたいが、小笠原では珍しいものです(現在、過去履歴調べ中)。また、なんせあの台風です。もっとちがうアジサシ類が迷い込んでもおかしくありません。目撃鳥は本物かもしれない。要注意です。

Thanks OWA

Picture

記録的な台風14号通過後に父島属島(海鳥調査時)で
見つかった、熱帯性大型海鳥コグンカンドリの死体
20060928撮影

お久しぶりです。1月以上開きました。いつも不定期更新ですいません。この間は記録的な台風14号と、連続して大きな被害をもたらした18号があり、海鳥、迷鳥の不時着も相次ぎました。山では木々が葉を飛ばし、実を飛ばして、野鳥やオオコウモリの餌不足の秋を迎えています。メモはとっていたのにHPへの更新が遅れました。これから少し日をさかのぼって、この間のレスキューを写真ラッシュでお伝えします。一挙更新でごめんなさい。

Picture

南島はじめ、付近の島々では、まだまだ子育て真っ最中。
はやくヒナのもとへ戻れ〜

今日、26日台風の暴風に巻き込まれたか、父島の自衛隊の基地内に不時着し、動けずにいるオナガミズナギドリが保護されました。父島で時々見かける暗色系もどきで、淡色個体よりやや褐色の部分が広いのですが、全体が褐色なわけではありません。怪我はなく、適度な補液と栄養補給ののち、無事放鳥しました。台風のさなか23日にも父島の集合住宅へ迷い込み、壁に激突したオナガミズナギドリが保護されましたが、こちらも翌24日に無事海へ帰りました。

Thanks 海上自衛隊父島分遣隊、SAYAMAfamily TOJIfamily

Picture

外来種代表のモクマオウ。大きな被害にも群を抜く
再生力で復活し、さらに在来種を圧迫してゆく。 

猛烈な台風14号が、9月22日から23日にかけて小笠原諸島を襲いました。915〜920hPaという、小笠原でも聞いたことがないような強さで、厳重な台風養生の上で、静かにこの台風の接近を迎えました。通過後3日たった今でも、島内は朝から台風の片づけ・・・片づけ・・・。一部の地域では、まだ電話、TV回線等に問題があるようですし、母島では主要都道が倒木の影響でまだ通行止めとなっています。いた場所、高さ、風の角度、住居の状況などにより、印象も異なるようですが、島で大多数の人が住む集合住宅に住む私の家は5F(最上階)の南向きの角部屋だったため、台風通過時には、雨戸が枠ごと抜けるか?というような暴風が、ドシン、ドーンと何度も叩きつけました。人命にかかわる事故等がなかったのがホントに良かったのですが、その爪痕は深く、当分の間、島は復旧作業に追われそうです。ちなみに、台風とかちあった おがさわら丸(前便)が欠航したため、すでに台風前より、島では生鮮食料品は底をついていました。野生の生物にとっても、特に陸鳥、陸獣にとっては深刻な餌不足によるサバイバルが始まりました。外来生物との競合、競争も、このような時こそ激化するものと思われます。住んでいる動物を含め、山全体が弱っています。次の台風が当分こないことを祈るばかりです。