最新情報

Picture

ムナグロ(左)、ツバメチドリ(中央)、キョウジョシギ(右)

5月5日 父島は奥村グランド。キョウジョシギに、ツバメチドリに、ムナグロにと。さらに写真はありませんが、アオサギ、アマサギなんかも姿を見せていました。ムナグロも、キョジョも夏羽にかわる真っ最中。けっこう個体によってバラバラでおもしろかったです。

Picture

元気よく飛び立つオナガミズナギドリ

5月5日はこどもの日。久しぶりのまぶしいほどの青空で、父島でも「こども祭」なるものがお祭り広場で開催されたようです。さて、珍しく毎日更新していますが、そう、毎日やってくるのです。鳥が。大きな白壁のある施設に迷い込んだオナガミズナギドリ。幸いにも外傷もなく、昨日の夕方になりますが海面を力強く走って、戻っていきました。

Picture

ここはどこだ? はやくかえりたい・・・
byシロハラミズナギドリ

今日も朝から、オナガミズナギドリが来ました。ちょっとはやめの梅雨入り気配。この曇天・雨、ガス陽気が、いっそう夜間(外灯のある集落地)への迷い込みを誘発しているようです。無人島への不時着ならば、なんてことはないのだが、ここは車も、ネコも闊歩する世界。鳥にとっては大都会に迷い込んだも同然です。勝手がわからず、ヘタクソなヒョコヒョコ歩きで道路を横断したり、あるいは道路の真ん中でうずくまったり・・・。「鳥に国境はない」とはホント良く言ったものですが、野生動物には、人の世界(町も農園も道路)も、自然の世界も区別がありません。誘われれば迷い込むし、楽チンであれば、さらに何度もやってくる。区別して見ているのは人の方。人の世界ゆえに起きたことの解決には、人の知恵が必要です。

Picture

いっちょ前に頭を掻いているイソヒヨヒナ。

降ったり止んだり、なかなかお天気に恵まれないGW。ちょっと残念。しかし、しかし、レスキューは例年のこの時期のごとく、ひたすらフル回転でござまーす! GWに入り、オナガミズナギドリ5羽、シロハラミズナギドリ4羽、メジロ・・・などなど大賑わい。外では、イソヒヨドリのヒナがまさに、ハイハイであたりを闊歩する時期。「誘拐(誤保護)されるなよ!」「うかつに地面に降りてネコに喰われるなよ!」「コンテナな工事配管なんかに巣をつくるなよ!」と気になりながら通りすぎます。ビジターセンター(BIO)で頑張ってくれたのでしょうか? 今年は今のことろ観光客による誤保護がほとんどありません! 素晴らしい。

Picture

この時期、誤保護が多いイソヒヨドリのヒナ。

毎年GWと重なるこの時期は、イソヒヨドリやメジロなどのヒナが誤って保護される事例が発生します。巣立ちしたのに、まだまだヨチヨチ歩きのヒナが遠出をはじめ、気が気でない親鳥が、後をおってついてまわる姿に遭遇するのです。地面を歩くまだよく飛べないヒナに出くわすと、ついつい拾い上げる人も多いようなのです。でも、です。そもそもこの時期のヒナは日に何度も何度も親鳥に餌をもらわないと生きていけません。ですので、そのヒナが生きて歩きまわっているってことは、いるのです。かならず、近くに親鳥が。もし姿が見えなければ、自分(人間)が邪魔して、親鳥が近づけないのです。うっかり、持ち帰ったりすると、親鳥とヒナとをはぐれさせることになってしまい、このことからヒナの誤保護は「誘拐」とも言われます。どうしても、気になったら、ヒナをすばやく一番近くの木の枝の上に、そっと持ち上げ、静かにすばやくその場を立ち去る、これが一番です。
写真:特に、こんな鳥が地面をピョンピョンしているのを見たことがない観光客は、善意で連れてきてしまうことが多い。一度、親鳥とはぐれたヒナを無事に育て上げるのは大変難しい(撮影は昨シーズン)。