最新情報

Picture

昨年末より南島に飛来が確認された北の使者コクガン。
年が明けると父島へ移動してきました。
暖冬の南の島へやってきたコクガン。
2001年以来の記録です。あの時のように旅先で倒れず
強い日射しの戻る3月頃には無事に北へ旅立ってほしいものです。

1月も20日になりました。
大変おそいご挨拶ですが、本年もよろしくお願いいたします。11月から気が付けば2ヶ月もHP更新が滞ってしまいました。気まぐれページをご覧頂いている方々ごめんなさい。昨年末は(ここ数年変わらず)、アカガシラカラスバトの調査に明け暮れ、その合間を縫うように、当HPでもご紹介した東京都獣医師会主催シンポジウム「小笠原の希少動物を守るー飼育動物や人間との共存を目指して」への参加のために上京しました。帰ると再びアカガシラな生活に突入しましたが、この間にも休みなく野生鳥獣のレスキューは続いていました。記録的な台風の襲来年となった2006年の年末。例年より遅いオナガミズナギドリの巣立ち鳥の保護回収が続きました。1月から、のんびりHPで失礼しますが、昨年末などから振り返りつつ、今年も今日のレスキューをはじめます。

Picture

カラフルな嘴 ?小笠原では珍しい ?
人なっこい「カモメ」 ?でも、気性は荒い。

今年も来ました冬の使者ウミネコです。朝の浜辺で立てないところを保護されました。外傷はなく、休養、保温、補液ですぐに回復。海へ戻りました。寒波の厳しい年には、数十羽が飛来することもあります。今年の冬はどうなるやら。

Thanks PAPAYA

Picture

お祭りの朝に、連絡をうけると集落地の路上に見慣れない大きなサギ。なんとそれは息絶え絶えのサンカノゴイでした。大きな外傷はないものの、まさに激痩せ。いったい何があって、ここ小笠原までたどり着いたのでしょうか。恐らくはたどり着くだけで精一杯。残念ながら事務所へ搬送してまもなく死亡しました。先のアカアシシギ以上の大珍客と言えるでしょう。恐らくは小笠原初記録だと思われます(現在、調べ中)。つくづく自然は不思議です。

Thanks Choさん、観光のお二人

Picture

とにかく黒い。

さらに上を行く大珍客が続きます! 見たことがないミズナギドリが保護されました。小笠原初記録が間違いないであろうこの海鳥。セグロミズナギのはるか上ゆく黒色感(とにかく黒い!)に、目まですっぽりの黒帽子、目の後ろの白い切れ込み、黒ライン状の足付け根の羽毛など個性的。小型ミズナギドリ類の分類には混乱がつきものですが、外観特徴や計測値からはハワイ諸島などで繁殖する Newell’s Shearwater が疑われます。今のところ特定には至っておらず、現在、複数の専門家と情報交換中です。

Thanks Doi夫妻

Picture

町に迷い込んだアナドリが保護されました。大きな怪我もなく、海へ戻りました。10月はアナドリの巣立ち期です。父島列島の南島と東島は、小笠原群島で最大のアナドリ繁殖地となっています。親鳥は一足はやく飛びさっており、この鳥は今月巣立ったばかりの幼鳥で、不慣れなうちに町の灯りに吸い寄せられ、人の生活圏に迷い込んだ可能性大です。うまく仲間に行き会えますように。