最新情報

Picture

私は「VIPの肩書き」を持っています

強風は止まず、晴れ渡ったというよりも、雲が飛ばされて「ない」、そんなかんじです。今日は4アノールと雑穀.雑穀の食いがやや悪く「う〜む」と帰ってきたところへ、いつもアノールを持ってきてくれるM農園のアイデアで、バッタとコオロギを試しました。バッタは興味を示し、何度もくわえましたが、結局だめ。しかし、コオロギは、ミミズ並みか、それ以上の反応を見せて、たちどころに4匹を食べました。素早く、すかさず芝の下などにもぐり込むコオロギの動きが、反射的に飛びつかせるのかもしれません。アノール確保の難しいこの時期の新たなエサの有力候補です。また、アノールといえば、最大の供給者であるM農園では、この1月半で200アノールに迫る数をご提供頂いています。最初は、「とってもとっても、顔を出す」という話に、これなら固有昆虫が食い尽くされるわけだわい、と思っていました。ところが、さすがにアノールも減ってきた最近のこと、あまり見かけなかったオガサワラトカゲの姿が畑にチラホラするようになったそうです。「いい場所」をとられていた在来のトカゲ達が、おっかなビックリながらついに顔を出したのかもしれません。
=====明日のナベヅル 2=====
ナベヅルは日本の鳥類の中で、最も高いグレードの「肩書き」を持つ鳥のひとつです。特別天然記念物(鹿児島県の渡来地およびツル)であり、種の保存法の絶滅危惧類に分類されています。また、国際的な条約で保護対象になっている国際保護鳥でもあります。このようないわばVIPには共通なことですが、彼らには肩書きを持つに至った過去があります。その結果として人間の積極的な保護(個体の保護や、生息地等の保全)が必要な状況になっているのです(つづく)。

Picture

羽のドアップ

2日間のお休み.ドタバタしていて、ナベヅルのもとへは通いながら、HPのアップが出来ませんでした。ごめんなさい。さて、21日、22日、そして今日と、小笠原はまたまた、おお〜荒れの天気。内地(終戦後うん年ですが、島ではいまだ、こう呼びます)の天気を見ても分かるとおり、冬型の気圧配置の中、猛烈に発達した低気圧が次々に通過しているからです。この時期、日本列島に約9本以上の等圧線がかかり、山間部で大雪などとなっている時には、小笠原でも海は大時化で、等圧線が10本以上ともなれば、ほぼ間違いなく「ははじま丸」の運行に支障をきたしています。さて、そんな中、昨日までナベヅルは相変わらずのマイペースで、町のはずれで、ゆっくりと過ごしていたようす。21日にひさびさの12アノールを食しましたが、それ以外は穀物中心の食生活となりました。自分では虫や、芝などの根をほじって食べているようです。一時、心配だと書いた羽の垂れ下がりですが、その後は見られず、問題はなさそうです。一層の強風となった今日の午前中には、父島の北部上空を大旋回している姿も、久しぶりに見ることができました.午前10時近辺に、大きな影をみたらナベヅルかもしれません。注意してください。
=====明日のナベヅル 1=====
小笠原には春や秋を中心に意外に多くの渡り鳥たちが一時的に羽を休めていきます。夏と冬以外の季節感に乏しい小笠原ですが、ある意味で、この鳥たちの姿が季節を教えてくれてもいるのです。また、今回のナベヅルのように、明らかに迷ってしまった鳥、なにかの原因で群からはぐれ、あるいは吹き飛ばされてきてしまった鳥もいます。このような鳥の多くは、来るはずでなかった慣れぬ土地で衰弱し、やがて死んでしまうことがほとんどです。かわいそうですが、これこそが自然であることなのです。ですから、補助的とはいえ、今回のナベヅルで、本来はすべきでない野生動物への給餌を続けているのには、「ワケ」があります。そして、ここに明日のナベヅルの運命を決める鍵もあるのです(つづく)

Picture

虫を見つけた!

アップが遅れましたがナベヅルは元気です。一転、大荒れの天気。アノール、ミミズがなく穀物のみとなりました。強い風の中で時にはよろける場面もありましたが、衰弱している様子は見られませんでした。明日は、双眼鏡等をつかって細かく羽の状況などを見てみようと思います。

Picture

食事中も翼がダランとなってしまう

17日からの好天は今日まで続き、ポカポカの日曜日になりました。アノールの入手が難しくなる中、Sさん、I さんから沢山のミミズを頂きました。本当にありがとうございます。さっそく今日は、そのミミズ15匹と雑穀を与えました。暑い日が続き、現在の場所にはほとんど水場がないことから水も与えました。ちなみに普段のナベヅルは、芝地で虫や 根?をほじって食し、一日を過ごしています。今日は両翼が開きぎみで落ちている状況が見られました。翼を負傷した鳥が、翼をダランと下げていたり、衰弱して体温低下がおきている鳥などで、翼を落としているものを見ることがあります。観察したところ負傷ではなさそうですが、きちんとたたむが、しだいに開く(落ちてくる)ことをくりかしていたので、少し気になります。全身の羽を一瞬逆立ててブルッとする動作と、羽繕いに加え、体のあちこちをかゆそうにしているような動作が、数度見られました(いつもより、多い感じ)。羽ジラミなどでないいと良いのですが。

Picture

日課のアノールはいまや必須栄養

お久しぶり。「今日のナベヅル」は今日から復活です。このコーナーをお休みしている間は、冬型の気圧配置のもと北よりの風が冷たい日が続いていましたが、今日はひっさびさの高気圧(ややへり)。ポーカポカでした。さて、主人公はこの寒かった4日間を、ずっーとアノールを届けてくれているM農園のおかげで、少ないながらも4、2、2、3アノールと穀物で乗りきりました。今日は5アノール。ポカポカで動きの俊敏なアノールが、あわや逃げ切るかという場面もありましたが、必死で食べきりました。小笠原は現在、唯一の交通機関「おがさわら丸」の年に一度のドック中で、11日に船が出てから明日で1週間になります。明後日はいよいよまちにまったひさしぶりの入港日。今年のドック中の代船は東海汽船の「かめりあ丸」です。と、今日はちょっと脱線、明日からまたよろしくお願いします。