最新情報

Picture

箱から出されて 力強い羽ばたき

本格的な冬型の気圧配置となりました。こうなると、小笠原も、3日晴れては、3日雨・・・・というような、低気圧の通過のたびに荒れ模様となる冬本場に突入します。巣立ち終了と、お知らせしたオナガミズナギドリですが、この悪天候で、昨晩2羽舞いこみました。あと数日は、悪天候が続きそう・・・この期間はまだまだ要注意・・・。父島&母島のみなさまは忘年会の帰り道、ちょっと気にしてみてください。

Thanks NAMI YUKINO OGASAWARAKEISATUSYO SHYOKO
Special Thanks Maikou NAO

Picture

写真は2005年1月 過去ログもみてね

2011年のオナガミズナギドリ巣立ち ほぼ完了のうれしさから、立て続けの海鳥談義が続きました。(情報出すとき立て続け! ドカンとお休み にしないで、平均的に情報発信しないさい!! と怒られているのですが・・・なかなかなおりません。スイマセン) ひらきなおって もうひとつ、新しい可能性を秘めたミズナギドリの小話を!
これまでに小笠原諸島では、種不明の小型ミズナギドリが複数見つかっています。その一例は、2005年の本コーナーで、「種が特定できないがヒメミズナギドリの可能性が高い海鳥の保護事例」としてご紹介しました。(過去ログから2005年1月をご参照あれ!)
暫定的に「ヒメミズナギドリ」とされたものの、形態的な特徴が完全に一致しないことなどから、私たちは、この小型海鳥を「オガサワラヒメミズナギドリ」と呼んでおりました。
さてここで、話の舞台は太平洋を東へ移動します。2011年8月(今年!)のこと、ミッドウェイで1963年に採集された個体をもとにBryan’s Shearwater Puffinus bryani という小型ミズナギドリが新種記載されたのです!!
そして、オガサワラヒメミズナギドリの形態は、この新種にとても似ているのです!!。 現在、私たちは他機関の研究者と共同で、DNAと形態の分析を行っている最中です。結果は、早ければ来春には発表したいと思っています。その際には、このコーナーでも真っ先にお知らせします。

Picture

今年の夜間パトロールでは、オナガナギに混じってオオミズナギドリが保護されました。現在、小笠原諸島に繁殖記録のないオオミズナギドリ。しかし、鳥類遺骨の調査研究(Dr.KAWAKAMI)によって、はるか大昔には、多くのオオミズナギドリが小笠原諸島に繁殖していたことを裏付ける痕跡が確かめられています。過去、現在・・とまだまだ、謎の多い小笠原の自然。たとえば、このオオミズナギドリ1羽でも想像はふくらみます。 現在明らかな繁殖情報からは「伊豆諸島の巣立ち個体」である可能性が高いと推定することが「順当」になりますが・・・、「どこから来たの?」と鳥に聞いてみたい、そんな気分は残りますし、実際に、そんな可能性も完全には否定できないのです。

Picture

Picture

小笠原のクリスマスは、
オナガミズナギのヒナが運んでくる!!
本日 10日ライトアップ解禁!

オナガミズナギドリの巣立ちのピークがすぎました。今シーズン父島では、オナガミズナギドリ25羽が保護回収されました。うち23羽が無事に戻っていきました。回収にご協力頂いた方々、注意してくださったみなさま、IBOとともに精力的に夜間パトロールを続けてくださったメンバー、本当にお疲れさまでした。毎年紹介しているオナガミズナギドリなどの巣立ち時期のパトロール。光に集まるミズナギドリ類の習性ゆえにおこる街への不時着と、有人島ゆえのその後(ノラネコや車による)の事故死。これをなんとか少なくしようと、2004年頃から夜間パトロールを始めました。それまでは、いつも朝に見回りをして、自然脱落とは呼べない事故死体に、ため息をついていました。なぜかルーチン化しすぎていて、不時着する夜にパトロールして早期回収することを思いつかなかったのです、なぜか!? 「そっか、そもそも、回収しちゃえば良いんだ!」 と、ある年に気づいてから始まった夜間パトロール。ここ数年でまた少し進歩がありました。巣立ちの季節にライトダウンしてくれる施設や人が、少数ながら出てきたのです。IBOでは、傷病鳥獣対応の目的は、人為の事故を予防することと、データや経験を予防に役立てることと考えています。小笠原は星空日本一だそうです。夜の海を飛ぶ海鳥のためにも、星明かりにうっすら浮かぶ海面を大切にしたいものです。

Thanks  小笠原村産業観光課、ハートロックカフェ、ときわ、ご連絡頂いた島の方々!
Special Thanks MAIKOU, CHIBACHIBA, NAO, JYUJYU