最新情報

Picture

岐阜大ブースなどでは、かつてワイルドライフ
リハビリテーション研修(日本野生動物医学会)で
教えて頂いた淺野先生に大変お世話になりました。
ありがとうございました。

9月18日から岐阜大学で開かれた、日本野生生物保護学会、哺乳類学会の合同大会に参加してきました。保護学会では、以前このコーナーでもご紹介した、2008年1月に父島で開催したアカガシラカラスバト国際WSについての報告、哺乳類学会では、オガサワラオオコウモリや、山域におけるネコ対策についてのポスター発表をしました。また、写真のように会場にブースをおかりして、ハトWSのファイナルリポートの販売も行いました。内地の猛暑を恐れていましたが、ちょうど若干暑さもやわらいだ頃の上京となり、助かりました。小笠原から外に出るのは、なかなか大変ですが、他地域で、研究や保全活動に取り組む多くの方々とお会いできて良い刺激を頂きました。また、帰りには強行軍で、鳥学会の最終日も足をのばしました。上記3学会に、日本野生動物医学会を含めた野生動物関係の4学会が、毎年9月に開催されます。たいてい、バッティングしてしまい、小笠原かわざわざ上京する者にとっては残念に思います。今後の狭い我が国の生態系保全を考えると、学際的な交流が不可欠に思われます。

Picture

観光のピークをすぎて、静かになった宮乃浜にて

7月下旬まで、驚くほど低かった海水温も徐々に上がり、8月に入って以降は、数日をのぞき、「あつぅ」と空を仰ぐ夏日が続いています。しかし、ニュースによれば、今年の内地の暑さは異常なようです。「暑かった・・・」と言って戻ってくる島民の姿がチラホラしはじめた今日この頃。いつものように小笠原の島々では夏繁殖の海鳥たちの「ふ化」が始まりました。昨晩、警察署付近に不時着し、保護されたこのオナガミズナギドリも、子育ての真っ最中かもしれません。幸いにも外傷もなく、その後のトラブル(ネコに襲われたり、車にひかれたり)にもあわなかったミズナギくんは、元気に海に戻っていきました。

Picture

写真は北硫黄島

北硫黄調査から、帰ってすぐ。というか翌日のこと。北硫黄調査に行ったメンバーの半数以上が、おがさわら丸による硫黄3島クルーズに、解説スタッフとして乗り込みました。昨日「さよなら」したはずの、北硫黄を翌々日にまた眼前に見るのは、なんともクラクラするような体験でした。今回のクルーズは、これまでで始めての7月開催。夏繁殖の海鳥たちが乱れ飛び、過去最高!と思わせる素晴らしものになりました。

Picture

小さな身体をトリッキーに傾けて滑空します。

6月下旬から7月頭にかけて、北硫黄島に調査で行ってきました。希少な野生動物の現況を把握するために委託を受けました。今年は梅雨開けが早く、海岸部はすでにチンチンに焼けていましたが、北方を通過している遠い低気圧のおかげが、終始、比較的涼しい風に恵まれて、予想よりも快適に過ごすことが出来ました。調査でも目的を果たす事ができ、なにより隊員全員が無事で帰る事が出来ました。帰路すれ違ったクロウミツバメをご紹介します。このクロウミツバメ、世界で小笠原(南硫黄島)でしか繁殖が確認されていない、幻とも言われる海鳥です。

Picture

写真は6月4日保護されたもの。無事に戻っていきました。

脳震盪のメジロです。巣立ちのメジロが あちこち頼りなく行動圏を拡げ始めるこの季節。窓やら建物やら、車やら、人工物にぶつかってひっくりかえったメジロの若鳥が多くみうけられる季節です。たいがいは、一時的な脳震盪で、少し時間をかけて休ませると、次第に回復して、もとの群れに戻っていきます。